私は、以前住んでいた町で毎日のように
朝に昼に夜にと、空を眺めるのが好きでした。
 
自宅のベランダから見えるのは朝陽が昇る空。
車を運転中、少し高い場所を通る時の目の前に広がる空。
職場のビルの窓から見える夕焼け空。
 
その頃の私はいつでもカメラを持ち歩き
美しい風景を写真に残すことが習慣になっていました。
 
先日、ひょっこりその頃の写真のデータが出てきました。
 
 
 
 
 
自分の心の状態に関わらず
いつも変わらない広く大きな空を眺めていると
なぜか心が落ち着きました。
 
そう言えば私、最近は空を見上げていませんね。
美しい空に、また会いたくなりました。
空を見上げた時に何を感じるか。
自分自身の心の余裕が必要かもしれません。
 
皆さんも時々空を見上げてみませんか?
 
 
スタッフひ